LOG IN

冬の霞ヶ浦でブルーギル釣り

by 沙門

釣るものがない

霞ヶ浦のワカサギが禁漁期間に入りました。
禁漁あけの三月までの間、手近で釣れるものが判りません。
バスアングラーやヘラ釣り師は冬でも見かけますが、どちらも敷居がたかそうです。
タナゴ釣りなんかも有名らしいですが、出来れば手持ちのライトタックル、擬似餌で釣れるものが良いです。

そうだ、ブルーギルを釣ろう

アメリカナマズやニゴイはミミズを餌にぶっこんどけば釣れそうな気がしますが、やはり、ライトタックルに擬似絵で釣りがしたいです。
「ブルーギルならいつでもどこでも釣れる」
と聞いたことがあるので、ブルーギルを釣りに行きましょう。

だがしかし

釣行前にググってみたところ、ここ数年冬の霞ヶ浦でブルーギルは釣れないようです。
これは困った。
それでも様子見で出掛けました。
やはり、情報だけじゃなく、自分の目で見て竿を振ってみないことには判りません。

案の定釣れない…

土浦港から備前川にかけてランガンしました。
バスアングラーに会えばブルーギルのポイントを聴きますが、一様に「アタリすら無い」と。
半信半疑ながらも1g未満のジグヘッドにアジング用2インチのクリアワームで底付近を巻きますが何の反応も有りません。
ゴロタ場風、水門、船溜まりの船道等のポイントにワームを通しますが全くアタリがありません。
本格的に釣れないようです。
うーむ、寒の間に乱獲したブルーギルを畑の肥料にする計画が…

それにしても霞ヶ浦は浅いですね。
河川口や船溜まりを除くと水深1メートルあるかないか、って感じです。
そして根掛かりが多い!
ジグヘッドの漁師パックが欲しくなるくらい根掛かりました。

今後…

あと数回、少なくとも今シーズンは試行錯誤をする予定です。
魚の引きが恋しくなったら、筑波山裏側の管釣りに行くか、シーバスロッドにミミズをつけてアメリカナマズでも狙うかも。


沙門
OTHER SNAPS