LOG IN

リールスタンド

by 沙門

不要→要

リールスタンドなるものがあることは知っていました。
実際に使っている人を見たことがありましたが、必要は感じていませんでした。
むしろ「竿を地面に直置きとか狂ってる」ぐらいに思ってたんです。

基本的に、堤防や波止等の下がコンクリートの所で、竿を直置きする事は無いです。
アジング等では、魚を抜き上げてガーグリップで掴んだ後に竿はロッドスタンドに挿すので、わざわざリールスタンドを使うことも無かった訳ですな。

しかしながら、管釣りをしているとしばしば竿を地面に直置きするような事態がおきます。(直置きだけに)
「あぁ、コレは何とかせねば」
と思いました。

位置が違う

何故、管釣りでは地面に直置きしないといけないのか。
それは魚の位置が違うからです。
何を言っているのかというと、海釣りの場合、竿を立てた時に手元に魚がくるように抜き上げることが多いのです。
そこで魚を掴んでも、竿一本分の糸が魚と穂先の間に存在する為、竿はいかようにもできます。
もちろん竿をロッドスタンドに挿すことだって。
では管釣りはというと、魚を手元まで寄せて柄が1メートルも無いネットに入れなくてはなりません。
ついでに管釣りで使う竿はペニャペニャの柔らか竿な為、魚と穂先の間は50センチくらいまで寄せないと、魚がネットにはいらないような時がままあります。
この状態で竿をロッドスタンドに挿そうとすると、魚が手元じゃなくて目の前になっちゃうんですね。
ついでに管釣りの鱒って結構大きくて重い個体も多く、そんなものをぶら下げたままロッドスタンドに挿したりしたら、スタンド毎倒れますわな。

…ここまで書いて今更気がついたのですが、ネットに魚を入れた後にリールから糸を出して魚と穂先の間を開けてやれば済む話なんじゃないかと。

リールスタンド買っちゃったよ…。


見分けるラベルとして

不要なものを買ってしまったのでは無い事の証明として、リールを見分けるラベル代わりになる事を記します。
現在、全く同じリールを2台所有しています。
年式を問わなければ3台。
これは、複数あるタックルのどれを使っても、同じ感覚でリールが巻けるように、です。
しかしながら、全く同じリールに巻いてある透明な糸は性質が違うものです。
かたや全く伸びのないエステルライン、かたや伸びのあるフロロライン。
どちらも透明で一見しただけでは区別がつきません。
そんな時に、リールスタンドの色で見分ける事ができます。
私の購入した、ZPIのリールスタンドはカラーバリエーションが豊富なので、「この色のリールスタンドが付いているリールには、どんなラインを巻いている」と一目瞭然です。

正直な話

ま、なんだかんだ言ってきましたが、使ってみたかったんですよね。


はい、これに尽きます。



g.o.a.tへの初長文がこんなスナップ(記事)で申し訳ない。

そして、全然メモじゃない。


沙門
OTHER SNAPS